お寄せ頂いたご感想

・日本人でありながら日本の事を知らない日本人の私。もっと日本を知るべきだと思いました。

・自分の命を何のために使うのか考える良い機会になりました。感動することに感動しました。

・一つ一つの想いのこもった言葉に心が温かくなりました。今 生かされている意味を大切にしていきます。

・さすがです!!何度聞いても感動します。志を大切に恩送りをしようと思います。

・歴史に学ぶことの大切さを実感させて頂く機会になり感謝いたします。命の使い方を真剣に考えるキッカケになりました。

・白駒先生に歴史を今とリンクさせて考える方法を学ばせて頂きました。

・日本への熱い思いが凄く伝わってきました。先人達の日本人の魂の大切さを次世代につなげていけたらと思いました。

・日本人の心を十分に教えて頂きました。歴史をもう一度勉強したいと思います。子供にも日本人の美しさを伝えます。

・私たちが生きている世界は素晴らしい先人たちの魂が残してくださったものなのですね。

・やっと聞くことが出来ました。本で紹介されている記事を読んでずっと気になっていました。日本人に生まれてよかった。命のリレーを私も残せる生き方をしてゆきたいです。

・歴史が苦手な私なのに今日の先人からのメッセージのお話は心打たれました。

・日本はとても美しい国、美しい志を持った人たちの国だったのだと思いました。日本人であることを誇りに思いました。白駒さんの上品で力強い話しぶりに引き込まれました。

・日本をもっと知りたいと感じました。

・いつも最後には感動して涙が出てしまいます。ちゃんと生きなければといつも思わせて頂きます。

・自分の命を何のために使うのかという問いかけに真剣に向き合い考えます。いつも最後は涙でボロボロです。

・日本の今を作ってくれる道を作って下さった方々への感謝、色々な思いに溢れました。

・吉田松陰先生の話が感動的でした。

・感動しました。先人たちの素晴らしい行動でいかに自分がちっぽけな人間だあるか学びました。それでも同じ人間なのだから、そういう風に生きていけたらなと思いました。

・もっとお話し聞いてみたいです。歴史の話ワクワクしますね♪

・日本の事実、心について考えることが出来ました。自分自身も知り、人に伝えていきたいと思います。

・白駒さんから溢れる命のバトンを受け取りました。何のためにするのか・・・ここを取り戻していくこと、今の日本には必要だと思います。


・白駒先生のお話を聞いて、改めて日本に、日本人として生まれてきたことを誇りに思いました。日本人は自分の事だけじゃなくて周りの人の事や、次の人達のことを考えて行動できる人だと聞いて、自分もそういうふうになろうと思いました。今日、話に出てきた人達のように、どんな事にも、志を持って一生懸命頑張ったら、誰かに伝わるのかなと思いました。白駒さんの話は、とても聞きやすかったし、いろいろな事に気付くことが出来ました。

・今日の話を聞いて、誇り高い日本人の志についてシッカリ考える事が出来ました。日本人は自分の利益より、他人の幸せを、自分の幸せと感じる事が出来る人が多いと分かりました。そして、そのような人こそ、本当の偉人というか、お手本にすべき人なのだと思いました。

・私の誕生日は、2月11日で日本が作られた日だと知りビックリしました。私は日本に生まれたという誇りを持って、国の為、世の中の為に、これから色んなことをしていきたいです。

・日本人は、今のことだけじゃなくて、次のこと、自分のことだけじゃなくて、他人のことも気づかえると聞き、そのことに恥じないように、自分は今日から一生懸命生きようと思いました。

・去年も来て頂きましたが、去年とは違う方を紹介されていて面白かったです。特に、北里さんは歴史で少し習ったけれど、意外な人同士が知り合いみたいに紹介されていて、人物相関図のようなものが頭の中に、どんどん出てきて面白かったです。ニニギノミコトのお話をされていて、日本には、そんな昔から志のある方がおられるという事を知ってビックリしました。白駒先生は、お話がとても上手なので 楽しみながら、そして大事なことはちゃんと覚えられて、とても面白かったです。私も、これから自分の夢に向かい、あきらめずに頑張っていきたいです。

・今回の講演を聞いて、今の日本にいる人はどのくらい白駒先生が言われた事を意識しているのだろうかと思いました。例えば、道徳心の高さや「はたらく」の意味なんかは、グローバル化がいいもので、
積極的に取り入れようとしているような日本で、あまり意識されていないのではないだろうかと思う。道徳心の高さは、新聞やネットで感じられることはあるけど、良くないニュースの方が多いし「はたらく」でも、あまり「人の為」と思って働く人は少ないのではないかと考えた。私も、この講演を聞くまでは「人のため」に働けたかは分からない。

・2回目の白駒さんの話を聞いて、とても面白いと、またしても実感させられました。私は社会そのものが嫌いですが、白駒さんの話はとても頭の中に入ってきました。

・私には、まだ歴史上で尊敬する人などはいません。けど、今日 白駒先生のお話を聞いて頭に何人かは出てきました。その人の生き方などを知り、自分に足りないものを見つけられるようになりたいです。

・私は白駒先生の講演を聞いて、自分にも才能があるのかもと思いました。

・白駒先生が万葉集に載っている詩を紹介して下さいました。「新しき 年のはじめの 初春の 今日降る雪のいやしけ 吉事」これは大伴家持の詩です。私はこの詩を知っていたけど、今日聞いて、改めてほんとに素晴らしいと思いました。歴史を好きになるには、歴史上の人物に親友を作ること。とおっしゃっていたので、挑戦してみたいです。

・やっぱり努力した人は、後にいいことがあるなと思いました。

・私は白駒先生にいろんな事を教えてもらいました。その中でも一番心に残っているのが「いくつになっても挑戦してもいい」という事です。これは伊能忠敬の紹介の時の話です。なので、私もこれから色んな事があると思うけど、挑戦してゆきたいと思います。

・白駒先生は人への憧れの気持ちや尊敬する気持ちがたくさんあるんだろうなと思いました。歴史上の人物からも、そのような人を決めて僕たちや地域の人に伝えて下さったことに、とても感謝したいと思いました。

・今日の講演で僕が思ったことは「自分だけができることを考え、そして行動すること」と「自分が生まれてきた所は、自分の才能を発揮できる最高の場所」という事です。人のしていることをマネするのもいいけど、自分ができる最高のことをしたら、もっと人の役に立つかもしれないと思いました。

・私は鏡と剣とまが玉と稲穂の話が一番心に残りました。鏡は素直な心、剣は困難に立ち向かう力、まが玉は人を思いやる気持ち、この3つは誰でも持っているものだと白駒先生は言っていました。私はとくに「剣」が自分に1番足りないし、これから生きていく上で、すごく大切なことだと思いました。そして自分だけの才能を表す稲穂、この才能がなんなのかをいつか見つけたいです。

・今日の話を聞いて、誇り高い日本人の志についてシッカリ考えることが出来ました。日本人は、自分の利益を重視するのではなく、他人の幸せを自らの幸せと感じることができる人が多いと分かりました。そして、そのような人こそ、本当の偉人というか、手本にすべき人なのだと思いました。僕も、自分の利益よりも、周りの人を第一に考えて、仕事ができる人になりたいと思いました。今日は2回目の講演だったけど、白駒先生は学校の歴史教育とは違って、時代の流れのように「縦」で教えるのではなく、違う時を生きた人をつなげて「横」で教えて下さるので、歴史を授業とは違った視点で考える事が出来るので、とても面白いと思いました。これまでに教えて下さった歴史上の人物を参考にしながら、志を持った生き方ができれば良いなと思いました。

・日本人の労働に対する姿勢が素晴らしいという他国のイメージも、私達からすれば当たり前のことをやっているという風にしか思えません。しかし、その当たり前と思えるような仕組みを作ってきた日本の歴史が素晴らしいんだと感じました。

 

・今回、白駒先生の講演を聞かせて頂く事が出来、とても今後の私にとって良かったと思います。ありがとうございました。

 

・白駒先生のお話を聞かせて頂き、豊臣秀吉の凄さがお話の中でよくわかりました。豊臣秀吉は部下800人の名前、家柄などを全て覚え、1人1人に声を掛けていたというお話に、とてもすごい人だったのだなと思いました。

 

・成功を収めた人達が、想像も出来ない位、大きなものを背負っている事を知りました。その人を動かしている源は「誰かの為に」という強い気持ちから来ているのだと知りました。教えて頂かないと知らない事ばかりです。有難うございました。

 

・親から子に受け継がれるのは生き方そのものなのだと実感しました。私は、日本人に生まれ誇りに思います。この誇りを忘れずに次の世代へ繋いでいきます。

 

・白駒先生の本を読んで、過去の偉人たちが成功していった理由に「ご縁」は欠かせないものだったことに気付かされました。人との出会い、出会い方によって人生が変わることも私自身思い知らされました。私は、昔から人見知りなところがあるのですが、今後の私の人生にも「ご縁」は大切なことであり、人生を変えていける事でもありますので、学ばせて頂いたことをシッカリ取り入れていきたいと思います。

 

・白駒先生の講演を聞かせて頂き、教科書やニュースでは知る事が出来なかった歴史や日本人について知ることができ、とても勉強になりました。

・今日の話を聞いて何事も諦めずに最後まで挑戦し続けていこうと思う。

 

・あまり興味を向けていなかった自国の歴史や文化を勉強しようと思った。日本が今までしてきた善いことが東日本大震災で支援として台湾から返ってきたことから、自分の良い所も悪い所も返ってくるんだと、日頃の行動を改め生活に活かしたい。

 

・日本人として世界の人達に日本の事を伝えて生きたい。

 

・まだ17年しか生きていないけど、「この為なら」と思えるものに出会えるように頑張りたい。

 

・「世の為、人の為」「死んでも志は受け継がれる」という言葉は、日本人皆が言える事だと思う。日本人として日本の事をもっと学び、志を受け継がれる人になりたい。

 

・志は大切である。自分も壁にぶつかることもあるが、偉人の言葉を思い出して、乗り越えようと思います。

 

・人の遺伝子に関係なく、自分の頑張り次第で可能性は広がるという言葉は心に響いた。できないできないと思ってスイッチをオフにしていた。オンにすれば出来る事が増えるかもしれない。

 

・今、現実から逃げたいと思っている人は多いのではないか。白駒先生の話によって逃げるタイミングを少し遅らせる人は多くなったと思う。壁ばかり気にしていて、諦めて戻ったけど開きそうなドアを見つけます。

 

・吉田松陰の授業を受けてみたい。

 

・今こうして国の言葉をしゃべり、文化を持つことができるのは、先人の強い意志や志で成り立っているのだと知りました。

 

 

・今、自分は進路という壁にぶつかっている。進学で自分の夢が達成できるのかどうかという悩みだが、吹っ切れたような気がする。

 

・今生きているのは限りない確率で生きていて、限りある命をどう過ごしていくか真剣に考えたい。

 

・言葉の一言一言に魂が込められていた。

 

・今、自分がなんとなく過ごしている日々が未来の子供たちにとって歴史になるのかと考えると鳥肌が立つ。

自分の歴史が教科書に載らなくたって歴史は歴史であり、かけがえいのない日々なので、1日を大切に過ごしたい。その事が命を大切にできると思う。

 

・日本人として日本の魅力を自分の言葉で伝えられる人になりたい。

 

・夢は持っていないが志を持って前に進む原動力にしたい。

・この国の事を沢山知ってこの国を好きになる、そして人に優しくなる。

・家族の事を思うとやすやすと死ぬわけにはいかない。苦しい時は家族の事を思って、家族が喜ぶ姿を想像して頑張っている。

 

・命の大切さは小さい時から沢山聞いているけれど、どんなことが命が大切なのか、何を大切にしたらいいのか分からなかった。18年間何気なく生きていることに後悔している。

・1年生 女性・・・今日お話を聞いて、嫌いだった物が好きになれると思いました。たぶん今日の講演を聞かなかったら、もしかしたら日本や歴史が嫌いのまんまだったのかもと思います。

 

・1年生 女性・・・このいつか亡くなってしまう かけがえのない命が歴史となり、どんどん新しい人へ日本人の生き方が伝えられていくんだなあと思いました。今日私が教わったことは命の大切さだけでなく、これからの「日本人としての生き方」も教わることが出来ました。

 

・1年生 男性・・・今まで「ただ楽しい」「ただ頑張る」といった理由のない生活に理由を与えて下さった白駒さんのお話に感謝すると共に、いつかこのご恩を返せたらと思います。

 

・1年生 女性・・・何のために歴史を学ぶのかが分かりました。日本人の正しい生き方なのだなと思いました。たとえ、世界に名を残すことはなかったとしても、日本人らしく最後まで誰かのために生きていくことが大切なのだと思いました。

 

・1年生 男性・・・僕は歴史が好きですが、苦手です。ですが、今回のお話を聞いて「やっぱり歴史って色々なことに関りがあるんだなー」と思いました。僕はこれから家族のために生きていきます。理由は特に母なんですが、いつも土日部活のお弁当を作ってもらっています。そして、送り迎えもしてくれていて一番苦労をかけているので恩返しをするために生きたいと思います。

 

・1年生 男性・・・僕の心に絶対に忘れないというぐらい熱く残っているのは伊能忠敬さんです。この人物は生きている間、自分の為だけに生きるのではなく、人の為、また未来の為と色々なことをしてきて死んでしまったと聞いて、僕はこの人物は日本一、いや世界で一番かっこいい一生だった人物だと思いました。この講演を聞いて今からでも間に合うと思うので生き方を変えていこうと思いました。

 

・1年生 女性・・・心に余裕を持ち、優しさを持ち、今まで日本を作り上げていってくれた色々な大人達のように、周りの人から、そして今のように外国の人からも愛される日本人になっていきたいと心から思いました。

 

・2年生 女性・・・今日、白駒さんにお会いし、生き方が変わりました。素敵なお話をお聞きすることが出来て本当に良かったです。

 

・2年生 女性・・・今日、日本についてもっと知りたくなりました。そのきっかけになった白駒さんのお話に感謝しています。

 

・3年生 女性・・・今まで偉人の話を聞いても「凄い人だな・・・」と思うだけで、自分は偉業なんて成し遂げられないと決めつけていました。けれど、吉田松陰の話を聞き、今まで自分は言い訳をして逃げていただけなのだという事に気づきました。

 

・3年生 女性・・・昔の日本の偉人が伝えた物は、偉人の必死な思いや覚悟があったからこそできたものだし、それを後世に伝えなければならないという使命感というものがあったから、普段私達が当たり前に使っている数々の物には深い歴史があったんだと思いました。

 

・3年生 女性・・・歴史上の人物から命の有難さを知ることができ新鮮な感じでした。人間の凄さと日本人の凄さを歴史上の人物から知れてとても勉強になりました。私は歴史が苦手で人物の名前を覚えられないことが多かったけど、この講演を通してその歴史の人物の凄い事や面白い事、またその人が行ったことで今につながっていることを探したり、違う観点で見たら面白くなるんだと思えました。

 

 

・3年生 女性・・・人生の役に立つ講演を有難うございました。これから先だんだん、日本の歴史が薄れてきても、その日本人にしかできないことだけは忘れないようにしたいです。歴史からこんなにたくさんのことを学べるんだと、とても驚きました。

 

・3年生 女性・・・歴史上の人物が色々なものを見つけたり、よりよい未来のために色々なことをしてくれたからこそ、今の私たちは不自由ない生活が出来ていると思います。そのようなことに感謝したいです。そして、この大切なものを先人から受け継ぎ、それを未来へ残す。それが今を生きる私たちの大切な使命なのかなと感じました。今まで気づかなかった大切なことに気付かされた講演会でした。

【1年生 男子】

・僕の心に1番残ったのは「労働観」です。白駒さんは、目の前の人を笑顔にするという事が働くことだと言っていたので、とても感動しました。僕は、将来エンジニアになりたいので、作ったもので人を笑顔にしたいと改めて感じました。働いて目の前にいる人を笑顔にすることが出来た瞬間が自分という存在が役に立ったことになり、それが幸せなのだと。僕もそんな幸せな生き方をしたいと思いました。

 

・今まで日本の事をあまり考えたことがなかったのですが、今回の講演で見つめ直してみようと思いました。日本の事をもっと誇りをもっていこうと思いました。

 

【1年生 女子】

・世界で最も古い歴史があるという日本が大切にしてきた、思いやりの心をこれからの私達も受け継ごうと思いました。あきらめない心を持ち続け、人を幸せにして幸せを感じられるようになろうと思います。

・ひとみさんの講演を聞いて、自分の人生について もう一度考えてみようと思いました。命の大切さを色んな形で教えて下さったので物凄く分かりやすかったです。

 

【2年生 男子】

・お話を聞いて、心に残ったのは、中江藤樹さんの「人は誰でも美しい心を持っている。しかし、それをほっておいて いいことをしないと心は曇ってしまう」というお話です。僕も時々そういう時があるので、この言葉を覚えておきたいです。今回沢山の事を学びました。学んだことを心に留めて、今この瞬間を大切にしたいです。

 

【2年生 女子】

・私は歴史が苦手で、きっとこの講演を聞いてもわからないだろうと最初は思っていました。でも、聞いてみると生き方と結びついて、興味が湧きました。日本は世界最古の国と聞き、私達が今ここに居るのも、ずっと前から命のバトンを絶やさずにつなげてくれているから、今 私は生きているのだなと思いました。

 

・今回の講演で、日本のすごさについて考えることが出来ました。今まで、自分が日本人であることがどんなに素晴らしい事かなんて考えたこともありませんでした。しかし、白駒さんのお話を聞いて外国の方から見た日本人のイメージや、外国人がなぜ日本人に優しく接してくれるのかが分かりました。

「本当のブランド」とは靴やバッグではなく、最後は生き方なんだと思いました。日本人として生まれた事がブランドなんだと思いました。今回の講演で、どんな人になりたいか、どんな人なら好かれるか、どんな人こそ日本人の誇りなのか、というヒントを白駒さんに頂いたと思います。心に残る言葉を沢山頂けて、がんばりたいと思えました。

 

 

【3年生 男子】

・日本史を学ぶことは人生を学ぶことでもあるのだなと思いました。僕は歴史が好きです。でも僕はまだまだだなと思いました。白駒さんのように、神話や先人が残してくれた文章を知る事も大切だなと思いました。日本史には自分たちの誇りや生き方が詰まっているのだなと思いました。

 

 

【3年生 女子】

・講演とても面白かったです。激痛が伴う病に伏せていた正岡子規が、何度も 自殺を考えていた日々の中、武士道について考えたとき「生かされている今という一瞬を平然と生きる」という答えを出したこと。そして、そのことについて 白駒さんのように語ることのできる人がいることに「志が受け継がれている」と感じました。

・私はいつも困難なことが起きた時はすぐ諦めていました。でも白駒さんの講演を聞いたので、もう少し人生を良い方向に考えて、先人たちの思いも考えながら人生を楽しみたいと思いました。

・泣かないように必死に耐えるのが精一杯でした。

 

・歴史を学びたいと初めて思いました!!

 

・将来したい職業がわかってきました。

 

・歴史の勉強は暗記するものだと思っていた、自分が恥ずかしくなりました。

 

・先生の話と本によって、私のものの見方・考え方は新たな次元にまで広がりました。感謝です。それ以降、毎日の新聞や歴史に関する本を読むたびに面白さが2次関数的に増えています。

 

・以前お会いして、その時からファンになって、お手紙も出させて頂きました。今回も、とても感動するお話を聞き、自分の中で化学反応が起こった気がします。

 

・最初から最後まで、1つ1つの言葉がしっかり伝わってきました。私は日本史はとっても苦手で「歴史を学んでどうするんだ!」と小学生の頃から思っていましたが、今日、考え方が変わりました。先人たちの生き方で、私の感性が磨かれると思うと、気持ちがすっきりする様な感じがします。私も春風のような人になりたいです。歴史を学びたいと初めて思いました。ありがとうございました。

 

・正直、歴史というものは、あまり好きではありません。でも、今日の講演を聞いて、それは過去の事になりました。今日の感動をうまく伝えられる日本語力がないのが残念ですが、泣かないように必死に耐えるのが精一杯だったといえば、少しは伝わるでしょうか。今日一番胸に響いた言葉は「素直さは最大の知性」です。素直じゃないので・・・。本当にありがとうございました。

 

・白駒さんのお話を聞いて大きく人生観が変わりました。残りの受験勉強を頑張ることにおいて、使命感を見つけ出し、覚悟を決めて頑張っていこうと思いました。将来、他人の為に何かができるように、今、一生懸命頑張ろうと改めて思いました。

 

・とても印象に残るお話ばかりでした。特に「使命感」について。私はまだ、はっきりとした進路が決まっていませんでしたが、他人の為に何ができるかと考えたときに、将来したい職業がわかってきました。

 

・伊能忠敬をはじめ、多くの偉人と、その「志」について説明して頂きました。人の為に天命に従い歩んで行った日本人の春風のような、散ってゆく桜のような生き方に大きく感銘を受けました。今日、お話を聞けました事は、まことに幸運な事と思います。

 

・今までになかった、物の見方をすることで、それまで自分が見えていなかった世界が見えてくるんだと思いました。

 

・白駒先生がとてもお綺麗でした。お話を聞くのは2回目だったのですが、何度聞いても感動します。日本人に生まれたことが誇らしく思えます。先人の繋いでくれたタスキをつないでいける人になりたいと思います。

 

・これまでに素晴らしい文化を作ってきた先人の思いを繋いで、これからの日本を背負っていかなければいけないと強く感じました。

 

・聞いていて凄く心が温かくなりました。私が勉強頑張っている理由は、正直 妹の為のようなもので、先生の話が身に染みて伝わってきました。あと、私も嵐が好きなので、例え話もとても分かりやすかったです。先生が始終笑顔で、いいお話をされているのが、ほんとに素敵で、また先生のお話が聞きたいです。

 

・小学校の歴史の授業で伊能氏に出会ってから、今までずっと伊能氏が好きだったので、今日の授業で伊能氏のお話が出てきて、正直少し驚きました。とても楽しく授業を聴くことができました。

 

・歴史には色々な背景があり、暗記物だと思っていた以前の自分がとても恥ずかしく思いました。自分の知らない所にスポットライトを当てる事に、とても感動しました。

 

・正直言って、講演の前は「大したことないんじゃないか」と思っていましたが、本当に感動しました。本来なら、僕の日本語がもう少しあるならば、もっと書けるのですが、素晴らしい講演でした。今日は有難うございました。

 

・自分は歴史に興味がなかったのですが、白駒先生の話を聞いてとても興味を持てました。年代ではなく、特定の人について勉強するのは、とても楽しそうだと思いました。日本人の心を学ぶためにも歴史を勉強してみたいです。

 

・白駒先生の講演を聞くまで、歴史を堅苦しいし、自分には関係ないと思っていましたが、先人である今から68年前の18歳の青年に託されたバトンを自分はもっていて、そのバトンを繋げるため、日本人の「誰かの為」という精神のもと、自分も努力していきたいと思いました。

 

・色々な人物の生き方をこれから私も参考にしてみようと思いました。特攻隊の18歳の少年の手紙を読んで頂いた時、涙が出ました。私も微力ながら、この素敵な日本の為になる大人になります。

 

・人の為になろうとする力は大きいと聞いて、大学受験で苦しくなった時は「今、自分が目指す仕事に就いて、未来のお客さんの為に頑張るんだ!」と言い聞かせようと思いました。

 

・白駒先生から「志」というものを受け取ったような気がしました。本当に有難うございました。

 

・感銘を受けました。先生の話を聞いていくうちに先生が言っておられた「春風のような人」という言葉が当てはまるお方が、目の前で話されていると私には思えました。着物の綺麗な桃色の効果もあるかもしれません。とてもよくお似合いで美しかったです。今まで私は、西洋に比べて発展の遅い日本に、嫌気がさしていたのですが、考えが変わり、前よりも日本を誇らしく思えるようになりました。もっと、多くの人に先生の話を聞いてもらい、この感動を共有したいです。

 

・女性・・・日本人として生きてきた中で今日ほど自国について考えさせられる日はありませんでした。日本人が本来持っている道徳心の高さや、思いやり、やさしさ、恩など様々な言葉から先人達が歩んできた道のりを学び直す必要があると思いました。

 

・女性・・・自分たちが思っていた以上に、日本には良い所があり、そしてそれらを外国の人々が見て、評価してくれていたのだなと思った。日本や鹿児島の歴史をもっと知り、偉人たちの心情を考え、生き方を知りたいと思った。

 

・女性・・・歴史を学ぶこと、偉人の生き様を学ぶことから得られる物がこんなにあるのかと感じた。私にとって歴史とは、学科の科目の一つに過ぎなかったが、今回を機会に違う目線で学び直してみると新たな発見があるのではと思った。

 

・女性・・・美しい日本人の心をもつ日本人のひとりであることを誇りに感じました。今まで日本の歴史や文化にあまり興味をもっていなかったけど、先人たちが残した教えや文化をもっと知りたいと思いました。

 

・この講義の中で「企業で大切なのは永続性です」というお話でした。これから、私はこの会社で働かせて頂いてゆくのですが、今のところ何のために、何を大切に、何を求められているのか。と心の整理がつかないまま、毎日研修を受けていましたが、白駒さんのお話で、私はこの会社の歴史の1ページにいて、後世により良い会社として受け継いでいけるように頑張っていこうと目標が出来ました。

 

・女性・・・白駒さんの話を聞き、先人たちは私が思っているよりもとても偉大で尊敬すべき人だと改めて感じることが出来ました。先人の人達が後世に生きる私達に残そうとしてくれたものを大切にしながら、改めて仕事とは何かを考え、頑張りたいと思いました。

 

・女性・・・日本人の労働観を聞いて、「働くことは苦しいことではない」という考えが新鮮だった。

 

・女性・・・白駒さんが苦しかった時、昔の偉人の言葉を思い出して乗り越えたという話を聞いて、人生のヒントが歴史の中にあることを知り、歴史に興味が湧いた。

 

・男性・・・この講義で仕事というものの理解が深まりました。「仕事とは子供たちの夢をはぐくむ」というものだと考えもしていませんでした。私が今まで思っていた仕事とは単なる作業で、考え方1つで取り組む姿勢など改善できると感じました。

 

・女性・・・「働く」の語源が、はたの人(身近な人)を楽にする、笑顔にすると知り、私も身近な人を笑顔にするような人でありたいと思った。

 

・男性・・・この講義を聞くまで、私は日本の事、そして日本人の事をよく考えた事が無かった。

 

・女性・・・当たり前だと思っていることも海外では当たり前ではない。そういう事を当たり前とする日本を誇りに思う。時代の流れによって忘れられていた先祖の事や感謝の気持ちに気づいた。時代の流れに乗ることも大切。その中で、変えてはいけないものがある。

 

・男性・・・松下幸之助さんの言葉で「君の仕事は子供たちの夢をはぐくむこと」とあるように、自分の仕事を通して、その先に誰が喜ぶかを考えて仕事をすることが大切だと思った。

 

・女性・・・鹿児島にゆかりのある偉人さんは、素敵な心持ちの方が多く、その方々の偉業の歴史が今でもこの鹿児島に残っていることに、とても興味を持ちました。

 

・女性・・・深い話、偉人の言葉が2時間という時間に沢山詰まっていて、とても勉強になりました。自分の無知さに気づけました。

 

・女性・・・今まで20年間生きてきて、学校でも社会など勉強してきたけれど全然、鹿児島の事を知らない。ましてや日本の歴史など何も理解していなかったことに気づきました。

 

・男性・・・鹿児島県には沢山の偉人がいることを初めて知った。日本人は「感謝の民族」と呼ばれ、国外でもそれを実践し、日本という国を世界に魅了させている人の偉大さを知った。

 

・男性・・・明治維新の立役者である西郷隆盛、江戸幕府との関係をうまく保った島津斉彬、篤姫など鹿児島には素晴らしい偉人がいて、これまでの日本の歴史を繋いできたことを誇りに思う。感謝をする気持ちを忘れない、相手を思いやった言動を意識としてもつことが大切だと感じた。生まれ育った鹿児島に感謝し、地元、地域の人々を支え、貢献しようという強い意志を持とうと思いました。

 

・男性・・・白駒さんの感情のこもるお話に思わず聞き入ってしまった。2時間という長い時間立ち、お話しする様子を見て、私は話の中にあった「志」や「誇り」のようなものを感じました。

・日本の歴史の中には子供達に伝えていかないといけないものが沢山あるという事を改めて思いました。これからの時代を生き抜いていく子供たちをしっかりと育成する為に指導者となる教員に、しっかりとその思いや志を育てていきたいと思いました。白駒先生のご講話感動しながら聴かせて頂きました。

 

・史実への豊かな見識から、教育、人材育成に対して深い洞察をされ、私達に分かりやすく教えて下さいました。日本人としての誇り、見識など大切なものを思い出させて頂いた事心より感謝いたします。日本人としての品格を備えた子供を育成するため、これからも「祈り」と「希望」を持って我が使命、教育に携わっていきたいと考えます。

 

・白駒先生の迫力ある語りに心を奪われました。人材育成を日本史から・・・という斬新な切り口で語って下さいました。日本史を紐解いてみたくなりました。

 

・大変感動しました。志はとても大切なことで私達教師には欠かせないものだと再確認しました。

 

・うだつの上がらぬ者の責任ではなく、対象の責任であった。と思いました。

・先生の「姿」に志を感じました。

 

・白駒先生の迫力、素晴らしかったです。講演内容も素晴らしかったです。

 

・とても考えさせられたお話でした。心が震えるというか教育観、人生観を見つめる機会を与えて頂き感謝しています。

 

・真剣に人材育成に向かう気持ちの切り替えとなりました。

 

・日本の良さ、恩に感じる事、日本人の労働観など学ぶことが多かったです。これから今日学んだことを生かし、校長の志を高く持ち励んでまいります。

 

・教育者としての人材育成における心構えを学ばせてもらいました。参加してよかったです。

 

・教育者としての誇りを再確認できる講演会でした。ありがとうございました。

 

・「命を大切に」について、上滑りな感覚でいて、なかなか答えを見つけられないでいましたが、今日のお話で1つの方向性を見つけたような気持ちです。

 

・大変心に迫るものを感じた講演でした。それは白駒先生の語り口だけではなく、伝えたいという熱意からくるものだと思います。

・知的刺激だけでなく、心を揺さぶられる講話でした。

・とても素晴らしい講演でした。何度でも聞きたいし、生徒にも聞かせたいです。ありがとうございました。とても感動しました。

・私は社会科の教員です。本日の講演に引き込まれました。日本人としての誇りを感じる事が出来ました。

・先生の一言一言が心に落ちました。

・校長として、どのように教職員を育てていくか、その自覚について深く感じ入りました。

・閉塞感を感じることが増えてきた昨今ですが、今日の話は希望を思い起こさせる内容でした。明日からの原動力となりました。

・月刊誌「致知」を読み、是非お話を聞きたく参加させて頂きましたが、思っていた以上に心に残る話でした。是非自分の児童・生徒・教職へ話を聞かせたいと思います。白駒先生にお願いしたいと考えています。

・「率先模範」を今まで通り、いや今まで以上に実践していこうと思いました。志は誰かが受け継いでくれるはずだから。

・「歴史の中に答えがある」「迷ったら先人に学ぶ」大きなヒントをもらえました。職員にも語りたいと思います。

・先人の生きざまに学ぶことが出来ました。そして、先生の人柄に学ぶことが出来ました。本当に素晴らしい講演でした。

・あっという間の講演でした。日本人という自分を再認識し、誇りを頂きました。今日 講演に参加して本当に良かったです。

・日本人の美徳を改めて学びなおしたいと思います。自分の存在が誰かの喜びの源となるよう教育活動を磨いてゆきます。

・様々なお話の1つ1つに志の大切さを感じることが出来ました。もっともっとお話が聞きたいと思ったと共に、こういう1つ1つのエピソードをもっと私達は知らなくてはならないとも思いました。自分自身も努力したいと思います。

・人を率いて導いていく者の根幹を学ぶことが出来ました。日本人として誇りを持てる生徒・職員の育成をしっかり行っていこうと思いました。

・教職員への人材育成のみならず、生徒への指導についても様々なヒントを頂きました。

・目が覚めるような本日の話でした。子供の近くにいる大人として、どう振舞うべきか何を大切にしなければならないのかを深く考えさせられました。

・教育者として校長としての信念と覚悟を学ばせて頂きました。

・歴史上の人物やその生き方を道徳教材として活用することをいつか挑戦したいと思いました。

・恩を感じて恩返しをする事など、感謝を超える心境を知りました。

・一言一句の言霊に力があり、どの言葉も心を込めて伝えてくださる白駒さんの気概がとても感銘を受けました。

・「どんな歴史上の人物も、同じ一人の人間。自分を動かすのは自分。それは今も昔も同じ。どんなに辛い状況下に置かれても、そこをどう生きるかも自分自身。ならば、二度と戻らない今を精一杯生きよう」という事を一番に感じました。私も、憧れるような生き方をした歴史上の人物を探してみたくなりました。

・これからもっと子供に教えるべき事を教われました。

・私も色んな人に頂いた恩を少しでも多くの人に、そして子供たちにも恩を感じ、他の人の役に立てるような人に育ってほしいと思いました。

・日本人の素晴らしさを知り、日本人であることの誇りを持ち日々に感謝して今を大切に生きていきたいと思いました。

・白駒さんの立ち振る舞いや話し方が母親(女性)として憧れる姿でした。

・子供たちに命が大切と教えるが、その大切な命に代えてでも守りたいものを見つけることを教えていかなければならないという言葉にも、親として自分の子供達に教えていきたい言葉になりました。

・日本人でありながら日本を知らずにいるのだなと感じさせられました。

・白駒さんが影響を受け、絶賛されていた本「日本のこころの教育」機会を見つけ、読んでみたいと思います。

歴史の話はとても苦手な分野ですが、白駒さんが話して下さった歴史の話は、むしろ興味が湧きました。日本人の親切心を改めて知り、自分が日本人であることを誇りに思います。

・『命に代えてでも守りたいものはありますか?』という白駒先生からの問いかけに対して、私は真っ先に「娘の顔」が頭に浮かびました。それは昔も変わらず、秀家と豪姫もお互いのことや子供達のことを命に代えてでも守りたい大切な存在と私が思ったように思ったのだと知り、先人からそういった思いは受け継がれ、今 私がそんな風に思うことが出来るのだと思いました。

・娘にはお手伝いをしてもらい、沢山「ありがとう、嬉しいよ」と感謝をし、人の為に何かをしてあげることは素晴らしい事と教えてあげたいと思います。

・歴史は詳しくないのですが・・・もっと歴史のことが知りたくなった事と、日本をもっと好きになり、日本人であることに誇りを持ちたいなと思いました。白駒先生の書籍も読んでみたくなりました。

・白駒先生の「子育ては子供を育てながら自身も成長していくこと」という言葉があり、まさにその通りだと思いました。人間だから、つい子供に怒り過ぎてしまう事もあります。そして後から反省したり謝ることもあります。「親にしてくれてありがとう」という気持ちを忘れずに1日1日を大切にしていきたいです。

・今の時代に失われつつある日本の良い所を後世に伝えていくという大切な事を改めて考える機会になりました。

・今はどうしても自分の事より子供達を優先に考えてしまいますが、自分の好きな事をして、どんな時も楽しく一生懸命生きる姿を子供たちに見てもらう事も、とても大切なんだなと感じました。

・人生に迷ったり悩んだ時、歴史上の人物の生き方を参考にできるように、もう1度子供達と歴史の勉強をしようと思いました。
・忙しさに追われ 内心、子供たちに「ママとパパにもっと感謝してよ」って思っていましたが、まずは笑顔でいてくれる子供たちに感謝しようと思いました。

・歴史に詳しくない私でも、その分かりやすい話に引き込まれていきました。この世に生かされているからこそ自分の知っている良いことを世の中の人に伝えたいと講演されているのだなとよく分かりました。今までより少しですが歴史もおもしろいかもと興味がわいた時間でした。

演題「歴史を学べば希望が生まれる」

【 今治明徳中学校 】

((中学1年生))
(Tさん)
白駒さんのお話で印象に残ったことがいっぱいありました。まず一つは、はじめのオーストラリア旅行で予算が足りずどうするかというときの白駒さんの発想がクイズ番組にでてしょうきんをかく得することからもうなんかほかの人とは考えが違うなと思いました。しかもしょう金をかくとくすることができたということもおどろきでした。私は歴史のことがあまり好きではなかったのに白駒さんの講演会で歴史のことが少し好きになったような気がしました。

[expand title=続きを読む] (Oくん)
僕はこの講演で歴史に対するイメージが変わりました。この講演を聞くまでは、事件や革命などたくさんの出来事があって複雑だと思っていました。でも実際はそうでなくそのあった出来事から、何かを学ぶことが大切だと知りました。しかも、その1つ1つの出来事が意外とおもしろかったり、感動したりすることが分かりました。

(Aさん)
白駒さんが「伝記を読めば先人の教えとお手本が見つかるよ」とおっしゃっていたので、伝記を進んで読んでいきます。

(Hさん)
白駒さんの言葉はすごく心に響きました。私は歴史はあまり好きではありません。でも白駒さんのお話で少し歴史が好きになったような気がします。
「道」を常に意識していると、日本人らしくなれると知りました。私は茶道部なので、その時もだけど、その時以外の時も意識しようと思いました。

(Tくん)
今回の白駒氏の講演で考えが変化しました。
「自分という人間をいつまでも磨き続けるというのは、あなた達の宿題なんです」という言葉や、「今この世界を残すために自分の命を差し出した人たちがいます。彼らはなんのために命を捧げようと考えたのか、私たちは考えなければいけません、今この世界は、彼らが思い望んだ未来になっているのでしょうか。その答えは私たちの生き方で示すしかありません」そう、白駒さんがおっしゃっており、勉強になりました。

((中学2年生))
(Fくん)
白駒さんは僕がおすすめする本の作者です。(ちなみに本の名前は「感動する日本史」です。)

(Oくん)
吉田松陰の「志」を自分もしていきたいと思いました。今回、白駒さんから教わったことをこれからの生活に取り入れ、人徳のある人間になりたいと思います。

(Eくん)
今回の講演で、私たちが住んでいる日本の歴史をもっともっと知りたくなってきました。また白駒さんの話を聞きたいと思いました。

((中学3年生))
(Mさん)
今まで私は「君が代」なんてどうでもいいと少し思っていましたが、現代語訳を聞いて、いい曲だなと改めて思いました。これからはもっと気持ちを込めて歌おうと思いました。

(Nくん)
僕は、白駒妃登美さんの講演で一番心に残ったことがあります。吉田松陰は一生出れないという牢屋に入ってその牢屋の中で学校のようなものをひらき牢屋の中の雰囲気を快適に変えたことです。このような話を聞いて、今、僕たちが悩んでいることは、吉田松陰にとっては、とても小さいことなんだと思いました。だから僕も悩みには絶対くじけず、あきらめない心を持っていきたいです。このように松陰の歴史を学ぶことで希望が生まれてくるんだと思いました。

(Aさん)
私は歴史が少し苦手なので最初はこんな私でも楽しんで聞けるのかなと、と不安を感じていました。しかし、いざ聞いてみると、こんな私にもよくわかりました。志を持つことの大切さや、逆境に打ち勝つ力の大切さを学びました。

(Tさん)
吉田松陰のお話を聞いて「あきらめたらだめだ」ということを、こんなに昔の人から学ぶとは思ってはいなかったので、少し驚きました。自分は日本という国に生まれて嫌だと思ったことはないけれど、心から良かったとも思ったことがありませんでした。でも、今回の講演を聞いて、少し日本に生まれて良かったな、と思えました。

(Tさん)
吉田松陰のお話しから自分を犠牲にしてでも、他人のために、日本という国の未来のために力を尽くした松陰の心の美しさを学ぶことが出来ました。今の日本や私たちがあるのは全て先人たちのおかげなのだということに気づけました。

(Mさん)
私が白駒さんの話で1番心に残ったのは「人が最も幸せだと感じるのは、他の人に喜んでもらうこと」という言葉です。昔の人から受けつがれていた志を私も後世へつないでいかないといけないと思いました。

(Mさん)
昔に生きた人から学び、その人が死んでなお伝えられるということは、すごいことなんだと、今回の講演で体感して感じました。思えば、枕草子など、昔の人が残した作品も知っていたはずなのに、当たり前だと思って特に気にしていませんでした。今回の講演会はそんなことにも気づかせてくれました。

(Kさん)
今回の講演で、歴史から自分を高めたり、困難なことを乗り越えるための参考になると知りました。それに日本人は世界から報恩・感謝の民族と言われているそうです。今日の講演で私は今まで関心のなかったことを学びました。私を支えてくれている人たちに感謝し、日本人として日本の歴史をもっと調べてみようと思いました。

(Iさん)
今回の講演を聞いて学んだことが2つありました。1つめは、歴史は自分の今後の人生に役立てることが出来ることを知りました。今まで私は歴史を先人の生きた足跡としてではなく、「教科」として見ていた所がありました。しかし、今回のお話で、ただ覚えるだけではなく、身に付けた知識を人生に活かすことが大切なんだと学ぶことが出来ました。2つめは、自分の国に誇りを持つことで正しい愛国心を身に付ける事が出来るということです。愛国の基準は国や地域によって様々で、それが原因で衝突することもありますが、私は白駒さんがおっしゃっていた、自分の国に誇りをもちつつ相手のことも尊重することが出来る、正しい愛国心を持ちたいなと思いました。

【宮城県 常盤木学園サッカー部】

(1年生 Mさん)
白駒さんの言葉1つ1つが心に響き、自分の人生について考え直すきっかけとなりました。私は「日本人の求める道にゴールはなく、死ぬまで自己を磨き続ける」という言葉が印象に残っています。私は世界中から愛される日本人に生まれて良かったなと思います。最高の自分となって死ねるよう、日々胸を張って生きていける為の選択をしていきます。そして、常盤木学園サッカー部で、人間力・サッカー道を極めていきます。チーム一同、目標達成に向かって愛・感謝・希望を持って素直に行動していきます。


(2年生 Tさん)
初めて白駒さんの講演を聞き、これからの人生、最高の自分となって死ぬには、どう生きるべきかを考えさせられたと共に、白駒さんの言葉に勇気をもらいました。
私は今、自分がしていることは正しいのだろうかと、時々 道を迷うことがあります。けれど、思い通りにいかないとき、努力が空回りする時だってあるけど、腐らずに自分の信じた道を歩め、お天道様は見ているよ。という言葉を頂き、迷うことなく自分を信じて、これからも進んでいこうと思いました。そして、どんな時も恩を感じ報いる心を忘れず、仲間1人1人を大切にし、これからもサッカーを通じて、自分の生き様を磨き上げていきます。

(3年生 Kさん)
私は、1年生の時に白駒さんから本を頂きました。本には1人1人の名前とメッセージが書かれており「いつも心に太陽を・・・」という宝石のようなメッセージを頂きました。
日本人である誇り、素晴らしさを改めて感じました。心の中の太陽はいつでも自分を見ていると思うので胸を張って生きる道を歩むため 無限の可能性を身につけられるよう日々精進していきたいと思います。またチーム一同がサッカー道を極め、誠の心を持ってお互いが刺激しあい 能力向上ができるように努力していきます。

【高校1年生】

(Nさん)
このお話を聞く前、私は中間テストや自分のことに悩んでいて自分はダメな人間と思っていましたが、今日この話を聞いて、まだあきらめたくないなと思い、自分にやる気が出てきました。


(Kさん)
自分の命は生かされている命、自分の力で生きているんじゃなく、色んな恵みを受けて生きている、恩を感じ、恩に報いる。こういう考え方をもってこれから生きていきたいと思いました。坂本龍馬の「自分がなすべきことは自分がよくわかっているから大丈夫!!」という言葉を覚えておきたいです。私もこれから悩むことが沢山あるとおもうけど、今日聞いたことを思い出して頑張りたいと思います。

 

【高校2年生】

(Kさん)
今回の講演を通して、16年間も住んでいる自国についてまだ知らないことがたくさんあったし、他の国からも愛される日本がもっと好きになりました。いくら嫌なことがあっても、このすばらしい国、日本で生まれ育った私ならできる!と自分を誇りに思って頑張りたいと思います。

(Tさん)
世界から賞賛される日本、この日本というブランドを守っていける、あるいは更に向上させていくことのできる1人の日本人になりたいと思いました。

(Sさん)
講演を聞いて心に残った事は、先生がオーストラリアの女性と出会い影響を受けたことです。人は生きている限り必ず他の人に影響を受け、それが何かのきっかけになったりするものなのだと知りました。「君が代」の話を聞いていると、日本人がとても謙虚だということが分かります。昔と今と比べると、環境は変わりましたが、日本人の本質は変わっていないのだなと思いました。

(Kさん)
私には「あんな風になりたい」と思える目標とする人がいます。その人がいることで本当に疲れて何もしたくなかったり、もうダメかなと思う時も、ここでくじけたらダメだ!!と自分を奮い立たせることが出来ます。なので先生が「お手本探しをすることが大切だ」と話してくださって、まったくもってその通りだなと感じました。

【高校3年生】

人間は何かを残し、継承していく生き物であると感じました。人間は継承の生き物である。そのことを常に念頭において、白駒先生のお話を胸に刻み、自分も何かを残せるような人生を送って、死んで行けたら最上の幸せだなと思いながら、日々励んでいこうと決意しました。

・白駒さんの久々のお話、やはり泣かされました。

 

・家族で参加して、家族でものすごく感動しました。

 

・素晴らしい講演を聴かせていただきありがとうございます。日本人に生まれて感謝です。涙が溢れました!

 

・白駒先生のお話、素晴らしかったです。泣かされました。

 

・涙腺がゆるみまくりでした。是非また、愛知に来て欲しいです。

 

・日本人の誇り、DNAを思い起こさせる、とてもいい講演会でした。逆境を知っているが故、プラスに転じることができる。腹に落ちました。

 

・まだまだ知らない日本がたくさんあります。伝えていかなければいけない日本の心があります。日本人であることを深慮に考えさせられました。

PAGE TOP