• 最新刊「古事記が教えてくれる天命追求型の生き方」 平成31年1月17日 発売!
5月
28
【インターネット・ラジオ】「ゆめのたね」白駒妃登美・後編(再放送)♪ 令和元年5月28日20時~20時30分(ぽかぽか:中四国・沖縄チャンネル30分間♪)
5月 28日 8:00 PM - 8:30 PM

6月
1
【合宿】令和の御世の万葉合宿@愛知 令和元年6月1日(土)~2日(日) (一泊)
6月 1日 2:00 PM - 6月 2日 8:00 AM

【イベント名】 令和の御世の万葉合宿
【日時】 令和元年6月1日(土) 14時 ~ 6月2日(日) 朝8時 (1泊)
※遅刻、早退OKですが割引はありません。ご了承ください。
2日の午前中から安城で太陽塾のためいつもより1時間早い解散になります。
【会場】魅RAKU流サロン (幸田町坂崎迎山14-2)
※電車でくる方はJR岡崎駅まで送迎します
※民家ですので、不便をおかけします。ご了承ください
【定員】 20名さま
【参加費】 28,000円(税込) ※パーティ代、食事代、飲み物代、宿泊費、セミナー代のすべてを含む
【お問合せ】 090-7308-0944 稲垣 

~妃登美さんからのメッセージ~
新元号は「令和」! 出典は万葉集、1300数十年前に大宰府で催された梅花の宴が、その舞台です。
それにしても、一年のうちで最も寒い時期に咲く梅を、春の季語にした日本人の感性って、素敵だと思いませんか? 夜明け前が一番暗いのと同じで、最も寒い時期に咲く梅の花を見ると、春の訪れがもう目の前に来ていることを感じる。つまり幸せから一番遠いように見える所に、幸せの予感が宿っている、そう感じとってきたのが日本人なんですね。
いま幸せでないと感じている方がもしいらしたら、私はこう言ってあげたい。「幸せは、もう始まっていますよ」 新たな時代を迎える喜びを、みんなで分かち合いましょう!!

【主催】魅raku流  (稲垣利香)
【キャンセルポリシー】
  ●1ヶ月前 50%
  ●2週間前 100%

6月
2
【セミナー】白駒妃登美 瑞穂の国 心の太陽塾@安城(全3回)
6月 2日 10:30 AM

当サイトの閲覧:下記ブラウザについては、表記Vr.(仕様)でお願いします
(IE11以上/Edge12以上/Firefox52以上/Safari10.1以上)